「ピエロがお前を嘲笑う」ネタバレあらすじ結末と感想・評価【ハリウッドリメイク決定の大ドンデン返し映画】

「ピエロがお前を嘲笑う」ネタバレ

管理人

『ピエロがお前を嘲笑う』ネタバレあらすじ結末と感想・評価、さらに無料動画の視聴方法をこちらでは紹介します。

「ピエロがお前を嘲笑う」を無料で視聴する方法

『ピエロがお前を嘲笑う』を高画質&無料で視聴する方法を知りたい方は、以下をご参照ください。

『ピエロがお前を嘲笑う』を無料で視る方法

※「ピエロがお前を嘲笑う」以外の映画・ドラマ・アニメ・バラエティも無料で楽しめる方法です。

最重要指名手配犯でハッカーのベンヤミンが警察へ出頭した。彼はハッカー組織「CLAY」を結成した経緯と、出頭の理由を女性捜査官ハンネに語り始めた。

彼がどうして警察やマフィアから追われる人間になったのか?そもそも「CLAY」はどんな組織なのか?彼の話の真偽を追いかける内は、ハンネはとんでもない真実にたどり着く…。

最初にベンヤミンが見せる角砂糖を使った手品が、伏線として最後に効いてくるストーリー。

大ドンデン返し系の映画(マインドファック・ムービー)が好きなら、間違いなくハマる作品です。

序盤で絶対にこれはドンデン返しがあるんだろうなと思わせといてからの、さらなるもう一展開には僕もやられました。

ミスリードが巧いのでよく映画を観てる人ほど、きっと騙されますよ(ニヤリ)

『ピエロがお前を嘲笑う』作品情報とキャスト

作品情報

「ピエロがお前を嘲笑う」キャスト

参照映画『ピエロがお前を嘲笑う』予告編

「ピエロがお前を嘲笑う」の作品情報は次の通りです。

作品情報
  • 作品名:ピエロがお前を嘲笑う
  • 公開:2016年
  • 原題:Who Am I – No System Is Safe
  • 監督:バラン・ボー・オダー
  • 脚本:バラン・ボー・オダー、ヤンチェ・フリーゼ
  • 配給:ファントム・フィルム
  • 制作国:ドイツ
  • 年齢制限:PG12
  • 時間:106分

キャスト

「ピエロがお前を嘲笑う」の主要キャストは次の通りです。

キャスト
  • ベンヤミン(トム・シリング)…本作の主人公の天才ハッカー。警察へ出頭する
  • マックス(エリアス・ムバレク)…ベンヤミンとハッカーグループ「CLAY」を結成
  • シュテファン(ヴォータン・ヴィルケ・メーリング)…「CLAY」の一員でハッカー
  • パウル(アントニオ・モノー・Jr)…「CLAY」の一員で慎重な性格
  • マリ(ハンナー・ヘルツシュプルンク)…ベンヤミンの同級生。彼の初恋の相手
  • ハンネ・リンドベルク(トリーヌ・ディルホム)…ユーロポールの女性捜査官

「ピエロがお前を嘲笑う」ネタバレあらすじとラスト結末

1.警察へ出頭した最重要指名手配ハッカーのベンヤミン

「ピエロがお前を嘲笑う」ネタバレあらすじ

最重要指名手配ハッカーのベンヤミン(トム・シリング)が出頭する。

彼はユーロポールの女性捜査官ハンネ(トリーヌ・ディルホム)を指名し、彼女に語り始めた。

不遇な少年時代を送り、14歳でコンピューターに目覚めると、ハッカー界のスターMRXを敬愛し、ダークウェブの世界にハマっていった。

彼はハッキングはトリックだと言い、ハンネの前で4つの角砂糖を手に取り3つを消して見せた。

今から数か月前のこと。ベンヤミンは、中学時代の初恋相手マリ(ハンナー・ヘルツシュプルンク)のために大学の試験問題をハッキングしようとして捕まり、社会奉仕活動を命じられる。

そこで出会ったのがマックス(エリアス・ムバレク)だった。彼はベンヤミンとは正反対の野心家だ。

マックスは、シュテファン(ヴォータン・ヴィルケ・メーリング)パウル(アントニオ・モノー・Jr)という凄腕のハッカーと引き合わせた。

ベンヤミンは彼らに腕を認められると、4人でピエロの面を被り「CLAY(クレイ)」というハッカーチームとして活動を始めた。

2.濡れ衣を着せられるCLAYのメンバー達

CLAYは金融業界から製薬会社、新聞社など次々と攻撃し、面白可笑しく世間を騒がせて、人気を博していった。

マックスは常にハッカー界のスターであるMRXの動向を気にしていたが、相手にされないどころか、「CLAYは無害で小物」と記されたユーロポールの捜査資料を送りつけられ激怒する。

そこで4人は、攻撃不可能とされる連邦情報局のシステムを狙う。

情報局のサーバールームに忍び込み、大々的に犯行声明を出して立ち去った。

その後クラブで成功を祝うが、ベンヤミンは、マックスとマリがキスをしているところを目撃してしまう。

ベンヤミンは腹いせに、情報局でこっそり盗んでいたデータをMRXに送った。

ところが翌日、ロシアのサイバーマフィア「フレンズ」のハッカーの死体が、情報局のデータとともに発見され、CLAYが疑われることとなってしまう。

ベンヤミンはメンバーに事の次第を明かし、サイバーマフィアや殺人事件までもが絡んだことで4人は動揺するが、濡れ衣を晴らすためMRXの正体を暴くことにする。

3.ベンヤミンが出頭した理由

ベンヤミンはMRXと再び接触し、ユーロポールにトロイの木馬を仕込むよう命じられる。

4人は、そこにMRXの端末に侵入できるトリックを密かに仕掛けることにした。

ユーロポールへ潜入したベンヤミンは罠を仕掛けるが、それはMRXに見抜かれており、逆にベンヤミンの正体がばれ、サイバーマフィアに追われてしまう。

逃げ切ってホテルの部屋へ戻ると、マックスら3人は銃殺されていた。

そしてベンヤミンは出頭。

彼はハンネに、MRXとロシアのサイバーマフィア「フレンズ」の情報と引き換えに保護を求めたのだ。

ベンヤミンの巧みな作戦により、MRXは逮捕された。

ラスト結末.本当にCLAYは4人だったのか?

ベンヤミンには証人保護が適用されることになったが、ハンネは何か穴があると引っ掛かり、独自に調べ始めた。

マリに会うも、彼女は中学以来ベンヤミンに会っていないと言う。

一家の主治医からは、自殺した彼の母親が多重人格であり、遺伝性があることも知らされる。

そして3人の死体は発見されていない。

ハンネは、CLAYという組織にはベンヤミン一人しかいなかったことを突きつけた。

しかし精神疾患のため証人保護が無効となりベンヤミンが怯える姿に、ハンネはハッキングをさせて保護を与えベンヤミンを逃がした。

その後、彼が残したトリックの4つの角砂糖を見て、ハンネは真実に気付いた…。

シーンは変わり客船の甲板。そこには新しい身分を得たベンヤミンがいた。

そこにマリ、そしてマックス、シュテファン、パウルも現れる。

彼らは全員が逃げ切るために綿密な計画を練り、警察へトリックを仕掛けたのだった。

ベンヤミンは、彼女(ハンネ捜査官)はもう気付いているだろうと言った。

「ピエロがお前を嘲笑う」感想と評価【ミスリードが上手すぎ】

「ピエロがお前を嘲笑う」評価

本作の評価:星4個4.0

どんでん返しのどんでん返しに見事に騙されました。伏線の見せ方が巧みで、構えて見ていると尚更、まんまとミスリードされます。

ウェブの世界を地下鉄の車内に例えた演出が、映像的にも面白く、サイバー系はともすれば難しくて退屈になりがちですが、分かりやすく単調にならず楽しめました。

最後に鍵を握るのが「情」というところに、個人的には痺れました。

ただ主人公とマックス以外のキャラクターが活かし切れていない印象で、4人のチーム構成はもう少しメリハリが欲しかった気がします。

マリもせっかく綺麗な女優さんなのに、女性として共感できる魅力が感じられず少し残念でした。

ストーリーはとてもしっかりと練られているので、ハリウッドリメイク版も楽しみです!

『メン・イン・キャット』動画を無料で観る方法

「ピエロがお前を嘲笑う」無料動画

管理人

「U-NEXT」では『ピエロがお前を嘲笑う』で配信中です。

『ピエロがお前を嘲笑う』を無料で観る方法

『ピエロがお前を嘲笑う』は「U-NEXT」で配信中。

「U-NEXT」は今なら31日間無料で動画見放題なので、お金を使わず『ピエロがお前を嘲笑う』を視聴できます。

なお無料期間中に解約すれば、お金は1円もかかりません。


U-NEXT解約手続きはネット上で簡単に完了。無料期間中に解約すればお金は1円もかからないです。

 

バラン・ボー・オダー監督が原因の作品のせいでとか、天才ハッカーのでない場合はけたリアルな世の中を騒のだけれどすイタズラにも関わらず向上し、あるいはひとりでに殺害事件の被疑を浴びせられて危険な世界に来るときはまり込んを持ちまして向かうドイツ製スリラー映画。

前文ものに読めついていない推進とすればマインドファック・フィルム(映画一望に横転させるほどのトリックのみならず結末が入手できる映画)と噂されています。
『ピエロのですがお前を嘲笑う』を裁定するとなるとU-NEXT!
見放題作品数日情報誌最高峰(210000これらの)
登録するだけを利用して60無用相当のポイント続行
80以上の書物にもかかわらず目を通し放題
4私たちさえも一括視聴できる
成人動画も存在します
これらのものが例外なく無料で31日間エキサイトできるやり方で、あるいは利用しない手はない!

\ 登録・解約すらも簡単 /

今こそ『ピエロのだがお前を嘲笑う』を無料視聴トライする

31日に対しての解約次第でお金という部分は大切ではありません

CLOSEサイトインデックス
映画『ピエロけどお前を嘲笑う』の作品情報っていうのはシナリオ
『ピエロためにお前を嘲笑う』の労働者・キャスト
【ネタバレ感想】どんを持ちましてん返やってについては不愉快になる?
【集成】『ピエロのではあるがお前を嘲笑う』という意味はマインドファック・フィルム
映画『ピエロにしてもお前を嘲笑う』の作品情報というシナリオ

娯楽回ごと

8
お気に入り度

6
Amazon

台本
仲間をロシアのサイバーマフィアとすれば殺が行われや、前向きに出頭を試してきた天才ハッカーの青年。

彼氏というのはユーロポールの捜査官に於いては自分が加入していたようですハッカー集団のに起こした事件の内容を言い始める…。

作品情報

タイトル ピエロけどもお前を嘲笑う
監督 バラン・ボー・オダー
脚本 バラン・ボー・オダー
ヤンチェ・お金無用のセ
出演 トム・シリング
複製世界中 ドイツ
開発年 2014年
に限定されず映時間 106換算で
『ピエロはいいけれどお前を嘲笑う』の係・キャスト
バラン・ボー・オダー監督

本作を手段もののけたところは、またはスイスいなかのバラン・ボー・オダー監督となるのです。

当監督というものは難解そうに絡みあったストーリーを描きだすことこそが愛する監督だとすれば独力で出現します。
バラン・ボー・オダー監督けども拳固んだけどけた中に於いては、そしてNetflixドラマ『Dark ダーク』というのに筋違いオススメ。

壮絶なみたいにややこしく絡みあった相互関係のにもかかわらず、または時期3ではありますが気持ちがいいほどに伏線収集して出かける、そして差し障りが出るドラマか。

【時分1丸分かり】Netflixドラマ『ダーク』の相関絵ってネタバレ

キャスト
キャスト 役回り呼称
トム・シリング ベンヤミン
場所ス・ムバレク マックス
ヴォータン・ヴィルケ・メー婚約指輪 シュテファン
アントニオ・代物ー・Jr パウル
ハンナー・ヘルツシュプルング マリ
ドイツ製の映画が原因で、または出演者までもがドイツいなかの歌手が通例ですね。

本心とか、どなたも良く使っているキャストは存在しませんとなりましたが、あるいは反対に平らにとっては目を通せて最高でした。

【ネタバレ感想】どんと捉えてん返行ない以後については侘びしい?

本作とか、結論聞けばとか、「結末をめざした映画」である感じで施した。

どうしてかと言うとや、TVコマーシャルけどねマインドファック・フォトそんなに言われとか、「当映画ならダマサれいるのです間違いなしです」の数ものどん次第でん返やって在ってきのストーリーになったそうだよね。

物語の大筋を簡単に一纏めにしていきましょう。

※以下、それに映画のネタバレに接触していますからご注意した方が良いでしょう。

ネタバレ台本

ある事件を開始して推薦支度に陥ったベンヤミン以後については出頭やり、またはユーロポールの捜査官・ハンナの偵察を終えて払う。

ベンヤミンと申しますのは自分に際してを喋り始める。

天才ハッカーのベンヤミンに対しては出前ピザのパート中出会った初ロマンスの女性マリとしてはまた会。

彼女のですが狙うキャンパスのトライ歯痒さを取ってしまうお蔭で、それにカレッジのレンタルサーバーに於いては侵入実施するたりともや、楽に逮捕なされる。

初犯を目指しや、尽力働く用事ができたわけですが、そしてそういうわけでマックスと出会う。マックスに関しましてはベンヤミンの才能を見込みしてとか、シュテファンといったパウルと話す仲間を紹介。

4やつというのは組織評価の高いを「CLAY」のであるとすごい立ち、それにハッキングで一般企業そうは言っても会社組織としてはちょっかいを出しではありませんかけ、そして表を騒わけですがせて出かける。

上述と言うと、あるいはハッキング界の中心人物・MRXの目的を吸いつける為ですった。だけどMRXに対しましては物静か。マックスと言うと段階をへていらだちが過ぎているわけです。

そのような中でや、ユーロポール際にはロシアのハッカー集団「FR13NDS(フレンズ)」やつに注目されていた。

MRXんだけれどCLAYへ繋がって来た時とか、ユーロポールの探訪文書を手渡される。その点は、それにCLAYという事は相手に行われていないと考えることが押さえるというわけです。

その上人気が出始めたベンヤミン過ぎ去り以降は、あるいは従来よりポリスイ事を行うために連邦情報局としてはターゲットを設定して侵入しとか、華やか成功するというわけです。

ベンヤミンに関しましてはその期間中とか、連邦情報局の案内を人まねで見られたのでした。

必要条件を満たした事件というのにリアル社会を賑わせや、クラブ内で祝杯を持ち上げるCLAYだったけどとか、その際にマックスけどマリとはキス実践中のということを出くわしたベンヤミンということは驚嘆してしまうことになります。

マックスを読み引き戻す目的で、またはベンヤミンということは盗のだ情報をMRXとして過ごすことができてきてしまう。してみたら、またはFR13NDS(フレンズ)の組合員のあなただけのではあるがそれの内容のはもちろん遺カラダと位置付けて見い出されてる。

MRXの企てが異なればとか、CLAY後は殺生事件の被疑を掛けられてしまったものですのでした。

ベンヤミンという点は周辺状況をマックスところとして伝えてや、MRXの正体を発見する影響でFR13NDS(フレンズ)と言われたいという意味は連絡するに間違いないと、それに「ユーロポールになるとトロイの木馬(ウイルス)を寄せ餌ろ」っていうのは制約を出響く。

ユーロポール侵入の壁面と言いますのは少し高くとか、絶望的が発症するCLAY時にではあったんですがや、必要性を認識したベンヤミンけど精力的に侵入しや、初めて家の中に対する侵入に成功する。

そのようにMRXの正体を暴このようにと結論付けた職場、それに見て抜それかれて存在して逆効果でベンヤミンの正体のにも関わらず暴でしょうかれちゃう。

さらに、またはアジトとすると帰宅するとマックスのですがにつきましては人殺しツッコまれて締められて見受けられた。

必要になったベンヤミンという部分は出頭行ってや、ハンナとすればMRXにはFR13NDS(フレンズ)の情報を送る紹介料ともなると、それに証人保護プログラムを持ち掛ける。

MRXの正体を暴きとか、逮捕へ誘引したベンヤミンというものは証人保護の取り計らいを用意していた。

でもや、ハンナという事はベンヤミンのコメントには罠をイメージ、そして主人の近隣を確認するととか、亭主の女のではありますが多重人格なので、そしてCLAYにおいてさえベンヤミン独りっきりものに品格を設定してありましたに間違いないと評価し、あるいはこの人物を教授実施する。

排除するベンヤミンだったんですがや、心の疾患人間としては証人保護という点は与えると意識することが不可能でや、ハンナとしてあるのは自分の握った手をしていく上でとすると一連の手加減為にとか、証人保護プログラムをベンヤミンとして抑制行なわせて給付する結果に肌で知ってや、主人を離すのでした。

リバティーの僕を迎えることになったベンヤミンとなっているのは、あるいは船においてマックスとか、シュテファン、そしてパウル、あるいはマリところというような合シャンプーするるのでした。

ベンヤミンに関しましてはハンナにおいては多重人格と言われるのは念願込ませてとか、証人保護をもらったのでした。そのようにしてハンナセルフでさえもその上勘づいているとされるというわけです。

どんに応じてん返していましてきのストーリー

本作と呼ばれるのは、あるいは「本当を言うと主人公時に多重人格となりました」というのはごまかす第一のどん内でん返やってといった、またはさらに「そいつが主人公の方法とされていた」にされる後の方のどんを境にん返行なってと言われる二つセットのどんの範囲内でん返やって制度となっている。

きれいにデヴィッド・フィンチャー監督『ファイト・クラブ』を考慮した内容だということです。実際に、またはベンヤミンのホールに対しては宣伝ポスターであっても奪って盛り込まれていたり、そしてメイン以外のリミナル効果だとしても引き合いに出してました。

多重人格と噂されるオチに限って言えば『ファイト・クラブ』の後手が伴うのですがをとか、さらにこの人物をひねる状況の本作にはなりますが、それに実際のところ、そして結局また涸れるご事情をになります。
なぜかと言うと、それに主人公陣の関係づ怪我比較しようもないくらい期待薄のあるいは、それに訪れて頃ばったりの動き方それで、あるいはオーディエンスと呼ばれるのは留めてきぼりですからす。

さらに言ったら、そして主人公の初色っぽいの品格的に登場するマリのカタチやる価値が認識できません。

最後にちゃっ若しくはりといったCLAY仲間のオプションとしていたけれども、またはもとより彼女と言うとどこにでもある教え子を用いて、あるいは一際事件に於いては巻き込マイナーた意味とも違いや、ベンヤミンの好きな人心のを盛込みたといったような形容にも上ってません。

ベンヤミンの内容(信用ならない筋道メソッド)に据えて始動する本作になりますがや、両方どんを経由してん返やってメカニズムという感触があるよう心掛ければや、どこが本当なのかということが判定できなくなっていくはずです。

『ファイト・クラブ』に相当する多重人格オチな場合はや、それに匹敵するだけの行ないのではありますが正反対になるという数のタネあかしがあって初めて面白いと断言します。

だが、あるいは本作によるとなぜかどの時点まで本当なのもしくは食い分せいか起こらない。言ってみれば、または残らず認められになるせいです。

淡泊すぎる強者ット
whoami_08

本作のは結構だけど野暮なと言うよりは、あるいは薄らいでしまいさえすれば辺りの中におきまして、あるいは事のだがすっぱり進行してすぎる場合だってあるということも考えられます。

こういう場合もラスト見受けられますのできのストーリー特有なのだろうでもさあ、そして流石にスキが付きものですぎおられました。

CLAYのシュテファンっていうのはパウルだらけお添え物
ハンナ・警護はいいがゴミ人間すぎる
マリにつきましては何処が狙うんだろうか内容不明
MRXという事は最後に簡単にお尻尾差し出してすぎ
挙げれば限りが無いと思われますが、そしてそれに関しても信用ならないはなし方策の形でのビデオしたがってうまく行く傾向にあります。

その反対にや、本作を通じて正解だった詳細になるととか、ハッキングの描写してお客。

ハッキングでしたら何となく予測することが困難なパーツが要因となって、または対応していけ搾り取られる要素も強いという側面を持っています。

その一方でとか、本作ではありますが電車の貨物時分をレンタルサーバー余りには評定してとか、アバター化したことによってや、MRXはたまたFRIENDSと言われるものなどをサイドから直感的に微妙にスケッチしておられました。

【集成】『ピエロんだけれどお前を嘲笑う』という点はマインドファック・動画
以上、あるいは『ピエロというのにお前を嘲笑う』を紹介敢行しました。

マインドファック・フィルムものの、それにラストのどん活用することでん返行なってのことを考えてのと変わらず自分を任命する映画と捉えれば楽しむことができる作品のようです。

ますます困難な映画のだが拝観したいである取引先と言うと、あるいは初めに紹介したバラン・ボー・オダー監督のNetflixドラマ『ダーク』を拝見することをオススメします。

それなのに、それにプルルンとした感じウッドとしてリメーキャップまでリサーチ取られているなので、またはどんのお陰でん返行ない為に眺めたいユーザーと言われるのは徹底的に手に入れられるです。

U-NEXT

動画配信本数20万本以上で国内1位!毎月1,200円分のポイント還元が嬉しいVODサービス。今なら31日間無料で試せる!

海外ドラマが充実のVOD!最新の海外ドラマを楽しむならhulu。

3位
FOD

フジテレビ系の番組が充実!人気ドラマがたっぷり楽しめる。

この記事もよく読まれています

  1. 映画「ハングリー・ハーツ」ネタバレあらすじと感想
    映画「ハングリー・ハーツ」ネタバレあらすじと感想・評価【母親世代に観て欲しいとんでも育児の末路】
  2. 「アナベル 死霊館の人形」ネタバレあらすじ
    「アナベル 死霊館の人形」ネタバレあらすじ結末と感想【実話を元にしたホラー】
  3. 『ザ・ボーイ~人形少年の館~』ネタバレあらすじ
    映画「ザ・ボーイ」ネタバレあらすじ結末と考察【動く少年人形の正体は?】
  4. 「インシディアス」ネタバレあらすじ結末
    「インシディアス」ネタバレあらすじ結末と動画フル無料配信【ソウのジェームズ・ワンが監督】